大阪のラゼック

レーシックは大阪でも有名ですが、ラゼックというとなんだかにせもののような響きではないでしょうか。これはレーシックのパチモンなどではなく、れっきとした視力回復手術の方式です。レーシックと同じように、角膜上皮層を取り除いて、角膜実質層をレーザーで整え、取り除いていた上皮層を目に戻す手順には余り変わりがありません。この、角膜上皮層の取り除き方が違うのです。今までは物理的に刃物を使ったり、レーザーを使って、上皮層だけでなくその下の角膜実質層も少しは削り取らなければいけませんでした。このラゼックでは、特殊なアルコールを使用しますから、完全に角膜上皮層のみを取り除いて手術することが可能になりました。角膜が薄いからレーシックが受けられないといわれても、このラゼックなら受けられる方はたくさんいらっしゃいます。レーシックに比べると痛みが強い施術ですし、角膜上皮層が元通りに新しく形成されるまで紫外線やほこりが目に入らないようにゆっくり治療していかなければいけません。しかし治療さえ終わってしまえば、レーシックよりも視界が安定すると言われています。アルコールが肌につくと赤くなったりする過敏症の方には受けていただけません。カウンセリング時の検査でもわかりますが、目のトラブルは一生抱えなければいけなくなることも多いのでしっかりクリニック側に伝えておきましょう。憧れの裸眼生活に一歩踏み出すチャンスがラゼックにあるかもしれませんよ。

 

レーシック 天神

レーシック 銀座

美容整形 福岡

レーシック 愛知